×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


10番勝負!


/ 第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回 / 第6回 /第7回 / 第8回 / 第9回 / 第10回 /


10番勝負の目的について

ここ最近、ゲームをしていない自分。
ゲームを作る者としてコレではいけない!…っと思った次第です。
そこで、自分以外の方が作ったツクール作品をプレイし

「あぁ…こんなやり方もあるのか!」

というモノを発見し、自分が作成しているゲームに生かす…といった感じです。

評価について

どうせ、プレイするのだから評価もしていこうと思います。
評価する作品については、前もって作者に連絡し、許可を取っています。

評価項目 配点 説明
シナリオ 30点 全体のシナリオについて。
演出や「台詞の言い回しなどもここに入ります。
システム 30点 各ゲームのシステムについて。
戦闘システムもここに含まれます。
キャラクター 10点 キャラクターも個性があるかなど。
音楽 10点 戦闘曲や、マップのBGMについて。
マップ 10点 マップについて評価します。
画像 10点 タイトルやキャラクター以外の画像について。
バグ - 不具合の数だけ評価をマイナス。
コメント 感想など





第1回 HEAVENS GATE
URL
総合得点 52
システム 18
シナリオ 16
キャラクター 6
音楽 8
マップ 8
画像 6
バグ -10
コメント オープニングは、引き付けられる。
オープニングって、エンディングの次に大事だと思う。
システムは、依頼系のRPGという事で、
少しアトリエみたいですね。

1つ、タトゥーがわかりにくい。
説明の文章の重要な部分の色変えると、
結構見やすくなるかもしれません。
後は、句読点と改行ももう少し入れると
よくなると思います。

顔表示はフェイスメイカーを使われているようで
決して悪くはないのですが、どうせなら表情を
変えてほしかったかな?

町のマップは一言 ”うまい” ただ残念なのは
ドアが調べなければ開かない所と
別のマップに移動するとき、向きがおかしかったり
真ん中に飛んでしまったりなど…。
おしいな…と思いました。

細かいですが、木にめり込んでしまったり
選択肢に<いいえ>がなかったりなど
ちょっと、バグが多いかな?

シナリオですが、
ヘブンズゲートを探す理由がもう1つかな?
もうちょっと深ければ、
もっとのめりこめたかもしれません。

最後に、タイトル画像は結構好みだし、
LOW LOADINGなどの遊び心もとっても
好きです。

長々、書きましたが
個人的には、結構好きです。



第2回 美女と野牛
URL
総合得点 65
システム 20
シナリオ 28
キャラクター 10
音楽 7
マップ 7
画像 8
バグ -15
コメント プレイ後の感想は”面白いの1言”

まず、台詞のうまさ。
引き付けるうまさを感じた。

ストーリーも最初は少し

アレ?

っと思いましたが、後半は見事でした。
キャラ画像も、レベルで言えば高いものでは
ないかもしれませんが
絵本的なストーリーにはとてもマッチしていました。
表情もちゃんと用意されて、こだわりが見えました。


キャラクターもいつの間にか
野牛が好きになりました。

最後に、ちょっとバグが多いです。
結構細かいですが、イベントに接触する時
方向の判定がありません。
また、外に出さないようにするとき
上に一歩戻すような処理があるといいと思います。

台詞の部分で句読点が統一されていないみたいです。
細かくて、すみませんが
ゲーム作成してるとこういう部分に目が
いってしまうのです…。

久々に一気にやってしまうゲームでした。
戦闘がないRPGもありだなと改めて思いました。



第3回 クレセンティア探検記:はじめての章
URL
総合得点 35
システム 8
シナリオ 10
キャラクター 3
音楽 5
マップ 4
画像 7
バグ −2
コメント タイトルとクレセンティアのマップは、かなり高評価。

しかし、その分Windowskinも
デフォルトのものではなく、
このゲームのあったものを使ってほしかった。

木陰で休むと、回復しますが
音楽が変化するのがちょっと違和感を感じました。
窓に突っ込んで動けなくなる人が…。
キャラクター移動できる範囲を指定するか、
マップの移動できる方向を変えてやるといいかも。

あとは、強制移動が、”場所移動”になってたのが
おかしいかな?って思いました。

あとは、個人的にですが接触したら話しかける
のではなく、キーダウンによって話すように
してほしかった。


たぶん、初作品ということで、まだツクールを
使いこなせていないのだと思います。
でも、最初はこんなもんですよ。
作り続けることで、実力はどんどん上がると思います。
これからもがんばってください。
(自分もまだ勉強中です^^



第4回 exit exam
URL
総合得点 37
システム 6
シナリオ 8
キャラクター 8
音楽 5
マップ 6
画像 10
バグ -6
コメント キャラクターのグラフィック、タイトルはオリジナルで
かなり評価高いです。
キャラクターのデザインも結構好みです。

バグが多いです。
例えば1階で、入ってすぐ右、左、上に行くと
同じメッセージが3回出ます。
また、クラムボンが出る所で、決定ボタンを押すと
クラムボンが出現してしまい、右に移動すると
行動不能という致命的なバグがあります。

戦闘も、デフォルトなので評価が難しい…。
技も既存のものみたいですね。
既存のものはレベル高いので自分も使ってますが
オリジナリティと言う部分では、少し評価↓。

また、顔グラフィックのせいで、HPが極端に醜くなってしまっています。

自分の場合ZEROでは少し顔グラを薄くしました。
これはこれで、微妙ですが…。

グラフィックが良いだけに、惜しい作品でした。



第5回 シャイニングインカオス外伝
URL
総合得点 71
システム 17
シナリオ 22
キャラクター 7
音楽 8
マップ 9
画像 8
バグ 0
コメント 上記マップを見てもらえばわかると思いますが、
かなりレベルが高いです。
1回行った場所に直ぐに行けるというのも、
プレイヤーの事をかなり考えている。
シンボルエンカウントの配置も、ちょうどいい。

戦闘が少し、おしい。
敵が固すぎて、ちょっとイライラする部分もあります。
また、町に着いたら強制的に店に移動してしまうのも
個人的には、好きではない。
自由度が低くなってしまっている。
また、マップにちょっと違和感がある。
デフォルトと少しリアルの素材が混じっているのが、
原因だと思います。

正直、否定はこれぐらい。
バグも少ないし、かなりレベルが高いと言える。
ツクールで作ったゲームと言う感じで全体的に高評価。


第6回 BraveBolt
URL
総合得点 53
システム 22
シナリオ 22
キャラクター 5
音楽 4
マップ 3
画像 7
バグ -10
コメント 戦闘いいですね!
オリジナリティがあって引き付けられました。
欲を言えば、キャラのアイコンに名前がほしかった。
現状だと、どの敵に、どのアイコンが対応してるのか
ちょっとわからないのが…。
あと、”逃げる”コマンドがないのが痛い!

ストーリーは、結構いいと思う。
ただ、主人公がいまいちかな?
もう少し華を!!

マップはちょっと広すぎに感じました。
位置を確認できるようなものがほしかったですね。

バグが少し多いです。
段差があるのに、下に降りれたり、建物の屋根がおかしかったり等。
メッセージにも少し、おかしな日本語があります。

総評としましては、そこそこです。
キャラも書いていらっしゃるし、表情も作ってあるのは
感心しました。
こういう、細かい所はプレイヤーにも伝わるはずです。
これからも作成頑張ってください^^



第7回 Phantom Fighters
URL

総合得点 39
システム 10
シナリオ 20
キャラクター 5
音楽 5
マップ 5
画像 4
バグ -10
コメント まず、著作権が心配。特に右側。
他2人との画質の差も気になるところ。
あとは、歩行グラフィックが…。
ス○夫の右向きの下のほうにドットが見えます。
マップの木が切れていたりします。

また、戦闘画面ではキャラクターの絵で、
HPがかなり見にくいです。

技に関しても、できればキャラクターの
個性が出るような技がよかったかなと
思います。

ジャイ○ンは歌とか野球とか。

個性的な内容で、非常に惜しい作品に思えます。
画像とシステム関係を頑張ればグっと
よくなると思います。